\ Yahoo!ショッピング本日のキャンペーンはこちら /

【ザ・プリンス箱根芦ノ湖】ちょっと贅沢な箱根旅行におすすめ

【ザ・プリンス箱根芦ノ湖】ちょっと贅沢な箱根旅行におすすめ

芦ノ湖東岸にゆったりと佇み、箱根の美しい自然と調和する「ザ・プリンス箱根芦ノ湖(旧箱根プリンスホテル)」

1978年竣工、40年以上にわたり多くのゲストを魅了し続ける「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」に宿泊した体験を写真たっぷりでご紹介します。

ぶち
ぶち

2020.12に宿泊、ちょっと贅沢な箱根旅行におすすめ♩建築家『村野藤吾』さんの建築美と共にご紹介します。

スポンサーリンク

建築家『村野藤吾』

1891年佐賀県唐津市生まれの建築家で、ホテル、劇場、商業施設、事務所など、さまざまな建築作品を手がけています。

代表作には、優雅な曲線階段がある「千代田生命本社ビル(現目黒区総合庁舎)」(1966)、アコヤガイがちりばめられた天井が特徴の「日生劇場」(1963)、肌理の粗い壁仕上げが美しい「世界平和記念聖堂」(1954)があります。

ぶち
ぶち

多様な材料の使い手として、同世代の建築家とは一線を引いた地位を築いたそうですよ。

日生劇場アコヤガイがちりばめられた天井

繊細なディテール

村野氏は繊細なディテールにこだわり、彼の建築には「人間の手でものを作り上げる」というヒューマニズムの精神がちりばめられています。

ぶち
ぶち

普通にしていると気付かずに通り過ぎてしまうような細部への気配り、その集積が巧みで繊細な建築をつくり上げています。

上質なロビー空間

ゲストはロビーを通って、客室へと案内されます。

ぶち
ぶち

エントランスの雰囲気とはガラッと変わる上質な空間、思わず立ち止まってしまいます。

【本館2階ロビー】曲面が美しい木の天井。赤いカーペットが可愛らしい
【2階ロビー:天井】木が中心に向かって曲面を描いていることが分かります

2階ロビーから客室棟へ向かう階段

客室棟に向かう階段は、地形に沿って下る階段が計画されています。エントランス側からは視覚的に階段が見えない設計となっています。

【2階ロビーの階段をを客室棟側から】ロビーから下る階段のためエントランス側からは見えないのです
【2階ロビーの階段:手摺】丸みのある柔らかな手摺

建築の魅力を相乗的に高める「スワンチェア」

村野氏がこのロビーのために設計した椅子「スワンチェア」が、今なお現役で大切に使われています。

ぶち
ぶち

家具は建築の魅力を相乗的に高める大切な要素ですね♩

「スワンチェア」の特徴は、320mmという低い座面です。背もたれは普通の椅子と同じく400mmで設計されているため、フォルムとして重心が低く感じられます。

この低い座面の効果は、実際に座って見るとよく分かります。視線を低くすることで、視覚効果として上質なロビー空間がよりゆったりと広がっているように見えるのです。

【2階ロビー:スワンチェア】320mmという低い座面が特徴、足が短くて可愛らしい
2階ロビー:スワンチェア】足が90度に曲がらない程度で設計されています
ぶち
ぶち

座り心地が良く、確かに空間がより広く感じられました。

自然と調和する有機的な客室棟

円形平面の客室棟は2棟あり、その有機的なデザインが箱根の美しい自然と調和しています。

【客室棟】円形平面のため、室によって見える眺望が異なります
【客室】落ち着きのある色彩の客室です
【客室:バルコニー】優雅なデザインで、隣の客室とのプライバシーもしっかり確保しています
ぶち
ぶち

直前の予約だったこともあり、私たちは森側の客室でした。それも素晴らしかったですが、芦ノ湖側の客室も是非経験してみたい♩

優雅な曲線階段

エントランスの横、及び主宴会場へ至るところに曲線階段が設計されています。

ぶち
ぶち

村野氏は優雅な階段設計でとても有名です。

例にもれず優雅な階段で、それを際立たせているのが手摺のディテールです。村野氏は、ディテールを「力学上の表現」であるといい、部材同士がぶつかり合わないように共存させることで「人の心もまたなごませ、とげとげしささえなくさせるのだ」と語っています。

【曲線階段:エントランス横】印象的で優雅な手摺
【曲線階段:エントランス横】このアングルがハートのように見えることでなんだとか
【曲線階段:主演会場へ】線的な手摺が柔らかな曲線を描いています

レストラン「なだ万雅殿」

2つの円形客室棟の1階は、いずれも食事処となっており、エントランス側から見て左手の客室棟はレストラン「なだ万雅殿」、右手はレストラン「ル・トリアノン」です。

【レストラン「なだ万雅殿」】円形の建物であることが良く分かりますね
【レストラン「なだ万雅殿」:朝食】朝に嬉しい優しい食事
ぶち
ぶち

私たちは、朝食に「なだ万雅殿」を行かせていただきました。次回は、「ル・トリアノン」に行ってみたい♪

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

ウェディング

ザ・プリンス箱根芦ノ湖では、ウェディングも行っており、その素晴らしい環境を活かした多彩な挙式スタイルを自由に選ぶことが可能です。

四季折々の美しい自然を楽しめる「レイクサイドガーデンチャペル」、村野氏のディテールの集積がつくり上げた建築美の「ロビーチャペル」、1,200年以上の歴史をもつ「箱根神社」。どれも本当に素晴らしいです。

【引用:レイクサイドガーデンチャペル】目の前には富士山と芦ノ湖が広がる
【引用:ロビーチャペル】今なお多くのファンに愛される村野藤吾のロビー
【引用:箱根神社】厳かな雰囲気の中で伝統と格式のある雅やかな神前結婚式が叶う

ザ・プリンス箱根芦ノ湖のブライダルフェアをチェック!

まとめ

以上、【ザ・プリンス箱根芦ノ湖のご紹介でした。村野氏は「建築家は徹底して謙虚でなくてはならない」そう述べていたそうです。

「村野の作品ではなく、村野の関係した作品」であり、たまたま関係しただけの話。その徹底した姿勢が、巧みで繊細なホスピタリティのある建築の源となり、今なお大切にされているのだと思います。

ちょっと贅沢な箱根旅行を計画している方、建築が好きな方、自然が好きな方、箱根旅行を計画の際にご検討されてみてはいかがでしょうか。非日常体験ができること間違いなしです。

ご予約はこちらから可能です。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖
ぶち
ぶち

私たちも是非リピートしたいと考えています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました